2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
プロフィール

8×4-3(はっしーさん)

Author:8×4-3(はっしーさん)
8×4-3(はっしーさん):
ヴァイス大好き
取り敢えず毎日1回は試合をしたい
目指すは全国
まずはプレイミスを減らす事から始めたい
使用タイトル:
アイマス・ラブライブ・シンフォギア・まどまぎ・ガルガンティア

もっちゃん:
本人が書くまで正体不明ということで

フリーエリア
当サイトが面白かった、参考になった、「そんな考察絶対おかしいよ!(CV:悠木碧)」と言うことがあったら押して頂けると幸いです。3つめはコメントで突っ込みもお待ちしております♪
ヴァイスシュヴァルツ ブログランキングへ                にほんブログ村 ゲームブログ ヴァイスシュヴァルツへ
にほんブログ村                押して頂けると励みになります!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
コメントを頂いた処理が面倒なカードを解説します!【訂正版】
いえ、決してルール処理のネタがなくなったトカジャナイデスヨ?8×4-3です
先日、「あまり知られてなくて処理が面倒なカードがある」とのコメントを頂きましたので、画像を貼ってドドンと世の中に知らしめてやろうと思い至ったわけです!
いえいえ、まだ更新予定のネタを公式に確認取ってないんで、別口で更新だヒャッハー!なんて思ってないナッシー!

今回は、奇しくも今期金沢で出たトリオの初戦で戦ったカードの紹介を希望されていましたので、このカードには何かしら縁があるのかしら?とスピリチュアルな事を考えてしまう今日この頃です。

さて、では早速紹介していきましょう。

続きを読む

スポンサーサイト


 
失敗しないルール処理!? リフレッシュ編①
さて、では集中の話でもあったのですが、今回はリフレッシュにまつわるエトセトラの話をしようと思います。
ヴァイスシュヴァルツにおいて最も処理のミスが多いのが、山札が少くなってきたタイミングなんですよね。
普段は何の気なしに使っている効果も、リフレッシュを挟むとあら不思議、突然複雑なルール処理に大変身!
なんて事もありますので、ここで皆さんが思っている疑問を払拭して貰えると幸いです。

続きを読む



 
ルール処理について その③ 集中②
それでは、ルール処理について集中その②です

今回は集中の種類について説明します。
が、その前に前回の更新で上げてなかった総合ルールに書かれている集中の下りを記載しておきます。

10.7. 集中
10.7.1. 集中とは、効果の中で「自分の山札を一番上から指定枚数をめくり、その後それらのカードを自分の控え室に置き、それらのカードの内容を参照する」という行動の実行を伴う一連のイベントまたは能力を示すキーワードです。この語自身は能力ではなく、効果上の意味はありません。
10.7.3. キーワード『集中』を持つカードの効果であなたの山札からカードを控え室に移動する場合、一度指定された枚数のカードを解決領域に移動した後、そのすべてのカードを同時に控え室に移動します。

文章だけ出されても分かり辛いと思ったので前回記載しなかったのですが、ある程度理解した方にはこの文章でも伝わると思います。
・・・おや、何かがおかしいですが気にしないでおきましょう。

上記にあるように、集中にはイベント集中と能力集中があります。
イベント集中が有名なタイトルといえばABとゼロ魔ですかね?オペレーション・トルネード人質救出作戦は文句のつけようのない良カードですね。
しかし、残念なことにイベント集中は各タイトルに散らばっており把握しきれていないのでここでは「あるよ」くらいで済ませたいと思います。
気が向いて調べればこちらで紹介するかもしれませんが、今回は能力集中の方の説明をします。

さて、では集中の種類と処理方法の違いについて説明します。

続きを読む



 
ルール処理について その2 集中①
先日12月8日に29歳の誕生日を迎えました8×4-3=29!ですこんばんはヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
では第2弾です。
前回から続いて翌日にでも更新したかったのですが、ふと思う事があり公式に確認を取ってからの更新です。
今回お話しするのは「集中」についてです。
集中といえば、ヴァイスシュヴァルツにおいてはなくてはならない能力の一つです。
普通は3レベルになってから手札1枚と2コストを消費して1点回復をするのですが、集中は確定で食らう予定だった4点を回避する可能性を秘めています。つまり、集中のコストを払うだけでほぼほぼ4点回復みたいなことが出来るわけです!(厳密に言えば違いますが、あまり深くは考えないで下さい、これは著者の主観です)
更に山札を削るだけでも強いのに、集中には手札を補充したり交換したり、ソウルやパワーを延ばしたり、相手を除去したりする能力があります。
こんなカードが弱いわけがない!
まぁ、何かしらのコストを払うので使わずに戦えるのが一番良いのですが、いつもいつも運の良い試合が出来るわけではないですので、デッキに1~3枚くらいは刺すようにしたいですね!(回収の弱いタイトルならもっとあっても良いです)

・・・と、話が脱線しましたが、集中は多彩な能力を持つカードなだけに複雑な処理を求められます。それだけに間違いが起こりやすいので、ルール処理についてはしっかりと覚えたい所です。
それでは、先日の①方式を使って集中の能力を説明していこうと思います。

続きを読む



 
ルール処理の話 第1弾
ルール処理の話をする前に少し・・・
ヴァイスシュヴァルツをやっている誰もが一度は「これどうやって処理するの?」と首をかしげたことがあるのではないでしょうか?極端なことを言ってしまえば、その局面になるまで、そのルール処理を知らなくてもゲームができるわけですから、良くできたゲームだと感心はするのですが、よりゲームを楽しむためには「自分たちがどのようなルールの中で戦っているのか」を知ることは重要なことだと思います。
しかし、このゲームには初心者用のプレイマットとクイックマニュアルを読んだだけではどのように効果解決をすればよいのか分からない能力が山ほど存在します。
一番良いことは、自分の使うカードのQ&Aを読んでから使用することなのでしょうが、全部確認しているとなかなかゲームを楽しめませんね。(´ー`A;) アセアセ
自信を持っていうことではありませんが私は頭が悪いので、なかなか効果の内容を理解するのに苦労します。しかし、そんな私でも「こう説明されれば覚えられる!」というルール処理の説明法があれば素敵ですよね?ということで、これからその方法を考えながら、紹介して行けたら良いな~というのが今後の更新の趣旨となります。
大会中にプレイヤーを納得させられる審判になるべく頑張っていこうと思います!ワ━ヾ(。・ω・。)ノ━イ♪

第1弾 能力の処理について

続きを読む



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。