2013/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
プロフィール

8×4-3(はっしーさん)

Author:8×4-3(はっしーさん)
8×4-3(はっしーさん):
ヴァイス大好き
取り敢えず毎日1回は試合をしたい
目指すは全国
まずはプレイミスを減らす事から始めたい
使用タイトル:
アイマス・ラブライブ・シンフォギア・まどまぎ・ガルガンティア

もっちゃん:
本人が書くまで正体不明ということで

フリーエリア
当サイトが面白かった、参考になった、「そんな考察絶対おかしいよ!(CV:悠木碧)」と言うことがあったら押して頂けると幸いです。3つめはコメントで突っ込みもお待ちしております♪
ヴァイスシュヴァルツ ブログランキングへ                にほんブログ村 ゲームブログ ヴァイスシュヴァルツへ
にほんブログ村                押して頂けると励みになります!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
ショップバトルに行って来たよ
さて、名古屋WGPも終わり今年は出ることが出来るネオスタの大きな大会もなくなってしまい寂しい限りです
が、ヴァイス熱未だ覚めやらぬ中、岐阜は各務ヶ原にあるプリニークラブさんに行って来ました!

そこで知ったのですが、なんと名古屋のネオスタンダードBブロックで2位になった子がいました!
ショップの常連の子なのですが、誠に素晴らしいことです、という事でさっそく勝負してきました

楽しかったです、また時間のある時に内容を更新します(オイ
スポンサーサイト


 
と言うことで、名古屋を振り返って
WGP名古屋に出るために勤務をずらしたので更新が遅れてしまいました8×4-3です、こんばんわ

ただでさえ記憶力が残念なのに、日にちを空けてしまったのでうろ覚えの事も多いとは思いますが、取り敢えず大切な事と戦歴だけでも

WGPで当たったタイトルは

1回戦目:ミルキィホームズ(探偵)
2回戦目:AB
3回戦目:とある
4回戦目:ミルキィホームズ(警察)

の4つです、こうやって書くと所謂Aランクのデッキと大きな大会で当たる確立が異様に低いので、やはり大会ではなにかしらのツキを持っているのかもしれません。
そして、実を言うと2、3、4回戦については殆ど書く事がありません。相手がそもそも「素直で前向き春香」の効果をよく理解していなかった時点でかなりのアドバンテージを稼いでいるわけですから、自分としては勝たないといけない試合でもありましたしね(汗

しかしまぁ初戦だけは、緊張なのか、それとも集中しきれていなかったのか、兎に角負けに直結したプレイミスがあるので忘れないように、ここに記載しようと思います。

1ターン目前:この日はネオスタ4試合全部じゃんけんで負けました、相手は「うさみみネロ」で1パン
1ターン目後:返しに「ショートカットあずさ」と「竜宮小町のリーダー伊織で」割る扉トリガーして手札6枚、相手うさみみアンコール

2ターン目前:後列に「あわてるコーデリア」展開、あずさ割られる
2ターン目後:コストを吐くために「朝礼ことり」の効果で「素直で前向き」をサーチし、後列に「OFFタイム真」並べダイレクト、「I want」トリガーする、手札「素直で前向き」2枚、「次へのステップ春香」1枚1レベルカウンター1枚、「I want」1枚、扉1枚、相手1レベルに

3ターン目前:前列「天然少女しゃろ」2枚、「うさみみネロ」1枚、後列「慌てるコーデリア」1枚、「浮き輪でぷかぷかシャロ」1枚、この時点で見えてはいないが「魔女っ子シャロ」「クリスマスエリ」が入っていることがほぼ確定、相手「浮き輪」の効果を使わずにアタック、自分1レベルに
3ターン目後:前列「素直で前向き」2枚、「次ステ」1枚、後列「伊織」「OFF真」で「I want」前のターンに「浮き輪」の効果を使っていなかったのでパワーが上がる、相手はカウンターを握ってなかったようで3面割るが相手2キャンセル、そしてトリガーしたクライマックスは処理できず埋める、相手天然少女2枚アンコール

だがしかしここでこの試合一番のプレイミス、OFF真を素直で前向き2枚の後列に並べ直さずにアタックしたため、素直で前向き一枚がレベルもパワーも上がっていない状態のまま相手に返すことに
このようなプレイミスが多いため、手帳にも「後列の配置を確認してからアタックする」と書いているのに、よりにもよって一番大事な試合でやるという低レベル、こんなんだからいつまで経ってもうだつが上がらないのだと思います

4ターン目前:前列に手札から「慌てるコーデリア」1枚を展開しアタック、素直で前向きに7000でアタックされたためカウンター迎撃、次ステ割られる、そしてコーデリアが素直で前向きにサイドアタック0点からクライマックストリガーで2点、打点が全部通って2レベル、相手天然少女アンコール
4ターン目後:「高木順一郎」をダメージにおいて「素直で前向き」パワーパンプして「みんなのアイドルやよい」を前列に展開し、扉クライマックスを貼ってアタック。相手が山札3枚だったのでカウンターを警戒してコーデリアからアタック。相手「新学期 シャロ」で山札3枚削ってストックのクライマックスも処理して1-6で8枚戻りのリフレッシュ。この時点で圧縮がかなり高い。が、その後の2アタックも通り相手2-5。相手天然少女1枚アンコール

5ターン目前:後列にレベル応援展開しコーデリア再度前に、「活発なネロ」で2枚手札を補充して扉クライマックス。素直で前向き割られる、みんどるチャンプフロントで2点、コーデリアが素直で前向きにサイド、0点からトリガーして2点。何故そこで乗るし(汗)、しかしこちらも7枚戻りのリフレッシュ後に2キャンセル
5ターン目後:後列レベル応援展開し、伊織を前列のダイレクトゾーンに、みんどるで天然少女殴るがここで1.0.3000カウンター、回収もしていなかったので前のターンに引いた模様。手札は使わせることが出来たが、相手3キャンセルでダメージ已然2-6のまま

ここで2回目のプレイミス。この時点で手札に「何時もの光景」があったのですが、自分自身が『「何時もの光景」は相手がリフ直前の山札にクライマックスを残しているタイミングで使う物』と決めつけていたために使用せずにアタックしてしまいました。
ストックが綺麗な状態で、前のターンに大打点を通した8戻りの山に普通に打点が通るわけがありません。
圧縮の高い山札は当然枚数も少ないので、このタイミングで「何時もの光景」を使用していれば、相手の圧縮を崩しつつリフレッシュを早めることが出来、なおかつ相手にはストックの中身を知るためにストックを使うか、運に任せてストックを溜めるかの選択を迫れるわけですから、3キャンセルされた結果論だけではなく十分に「何時もの光景」を使うタイミングであったと思います。
まぁ、これはプレイミスというか、自分の使っていたカードの能力を使い切れていなかった話かもしれませんので、私はまだ強くなれると前向きに考えることにします。

6ターン目前:「知識豊富なエリー」が登場し、もう1枠を「活発ネロ」で絆回収しながら埋めて3パン、自分2-6で2面割られる
6ターン目後:0コスト2枚と「アイドル一直線 亜美」+クライマックスで相手の3面割る。が2キャンセルされて相手3-2、相手天然少女アンコール

7ターン目前:コストの関係で「健気でひたむきシャロ」が1枚と0コスト展開し3パン3面とられキャンセルもなく自分3-3
7ターン目後:律子1枚展開し3-2に、3面触りつつアタック、相手2キャンセルして3-4

8ターン目前:面倒になっていたのでアタックでクライマックスを噛んだことを書いてなかったのですが、この時点で山札10枚の中にクライマックス2枚。打点が2回通っても次のターンがあるためにキャンセルに期待したのですが、相手も「けたひな」出して1点回復し手札が0になったので、後列2枚前出ししてアタック、トリガーも乗って2パンで6ダメージ通って試合終了。

相手のトリガーの強さには舌を巻きましたが、後列の配置間違いと、「何時もの光景」の使い損じは完全に自分のミスなので全部出し切った試合ではなかったために負けたのだと思います。こんな試合をしていては次のステップアップも難しいでしょう。ですので反省し次に活かしていきたいと思います。

そして、ブログを書いていて思ったのですが
「新学期シャロ」の能力を使用した際、相手はその3枚を山札に戻さずリフレッシュしていましたが、効果の処理的には山札に含まれるので注意しましょう。そのタイミングで効果処理の事が頭からすっぽ抜けていましたし、いまいち確信がなかったので先ほど確認したところ、そういう処理だそうなので皆も気をつけてください。3枚のカードの圧縮は、たかが3枚されど3枚です、1点を競うこのゲームではやってはいけないことですね!

このブログが誰かの役に立てば幸いです、皆さんも自分で何とかできる失敗は減らせるように頑張っていきましょう!


 
WGP名古屋 結果
と言うことで行って参りましたWGP名古屋!

先に結果を言ってしまうと、今回も決勝リーグ進出ならずでしたー(´Д⊂ヽ

まぁ初戦で負けた時点でかなり絶望的ではあったのですが、前大会からの「7人以下になるまで予選を行い、少なくとも1人は1敗の人を抽選で選ぶ」というルールに希望を託し、タイトルカップへのドロップアウトはせずにネオスタンダードを続けてきました

そして、1敗の後3勝して、前大会で私が苦渋を飲まされた5回戦に期待を掛けていたのですが・・・
なんと全勝15人の内階段に当たった1人がまさかの敗北。
その時点で全勝者が7人になったため今大会の抽選は最小人数の「1人」、抽選で決勝に出られる確立は23分の1。
その確立を引き当てられるのなら初戦で負けたりはしていませんよね(;´∀`)

前回の大会では全勝が自分を含め「8人」だったために、抽選の枠を作るため予選5回戦が行われ、そこで敗北し決勝リーグに出れなかったわけですが、今回は逆に抽選にかけて確立が高くなる予選5回戦を期待していたのにそれが行われないと言う、最新の大会形式に翻弄され続ける私がいました・・・。゚・(ノД`)人(´Д`)人(Д` )・゚。

とは言え、負けた初戦に反省点がないどころか、決勝に出られるようなプレイではないものが分かるだけでも2~3点あるので、まだまだまだまだ決勝の卓は遠そうです
詳しくは次の更新で書こうと思いますが、新しく思いついたプレイや改善点が見つかったので次の大会では同じ事をしないように気を付けたいものです

名古屋に参加した皆様、お疲れ様でした!また何処かでお会いしましたらよろしくお願いします


 
明日は名古屋だぜ!
さて、明日はいよいよ名古屋大会
前回は5回戦目で敗退し、抽選も外れて決勝リーグに進むことが出来ませんでしたが
今回こそは目指せ優勝!
ヴァイスを初めて早3年、流石に素人を名乗るのも憚られてきましたし
素人ではければ、強者にならなくては!
今まで戦ってきた事を無駄にしないためにも、結果をしっかり残して行きたいものです

明日は全力で戦い抜くぜ!
では、会場でお会いしましたら是非お声をおかけください
当日はアイドルマスターシンデレラガールズの法被が目印ですw


 
ヴァイスをプレイするに当たり私が気にしていること その3
さてえらそうな書き方をしていますが、ここからは誰もが一度はしたことのあるミスを減らそうと、自分が試合前に繰り返し確認する注意事項みたいなものの紹介となります

一流のプレイヤーの方なら意識せずに出来ているのでしょうが、私のような三流プレイヤーとなると、試合毎に確認してもすぐ忘れてしまうので、ここに書いて少しでも頭の隅に残そうという作戦です

では、さっそく

☆相手のパワーを聞かずにアタック

アタックフェイズ宣言をしてしまうとカードの移動は不可能となりますので、相手のカードパワーを聞かずにアタックする事は厳禁です。よく知っているカードでも、必ず相手に確認を取るようにしましょう。知らないカードなら、恥ずかしがることはありません、カードのテキストを確認させて貰いましょう。これだけタイトルのあるカードゲームです、カードの能力の一枚や二枚知らないのも当然と思いましょう。
しかし、自分のフェイズに相手のカード確認などをしていては余分に時間を使ってしまい、時間切れでお互い敗北なんて残念な結果になることもありますので、相手のプレイを阻害しない程度に、相手が考えている時間などを有効活用してカードを確認させて貰いましょう。
その際に、相手に一声掛けるのを忘れてはいけません。相手のカードを勝手に取って確認するのは相手に失礼ですので、あくまで紳士的に、その際相手がプレイを止めないように気配りするのも大切ですね。
そして、レベルを上げるカードやリバース毎に効果を発揮するカードなどは自分のアタックのテンポを崩される場合がありますので、特に注意して下さい。しかし、繰り返しますが、注意しすぎてゲームの進行を遅くする事だけはしないように気を付けましょう。

☆自分のクライマックス、相手のクライマックスの所在を覚える

自分のも相手のも、ストックのどこにクライマックスがあるのかを覚えておくことは重要です。山札に8枚クライマックスを戻せるように努力をしましょう。そして、相手のクライマックスが8枚戻らないように戦いましょう。
山札のクライマックスの枚数は防御力にも攻撃力にもなりますので、ストックに残さないように気をつけましょう。
しかし、戻すことに終始して3レベルになってストックがないというのもいけませんので、見切りを付けるタイミングも自分なりに考えておくことも必要です。沢山プレイして自分のデッキに必要なストックを見極めましょう。
あとは、相手の山札を操作できるカードがあると状況によっては戦況を決めてしまう可能性がありますので、使用タイトルにそのようなカードがあったらデッキに1~2枚刺すのも面白いかもしれません。
自分は自分の控え室で頭がいっぱいになってしまうのですが、相手の控え室を確認しカウンター値や相手が最終的に出してくるパワーを確認しておくと無駄のない試合運びが出来るので、余裕があれば相手の控え室を確認するようにすると良いです。
時間を無駄にすることなく控え室を確認してくるプレイヤーと対戦すると、私は「お、こいつ出来るな!」と勝手にわくわくしています。

さて、まだあるのですが時間的にここまでで
また、時間のある時に他の細かい物も紹介しようと思います


 
ヴァイスをプレイするに当たり私が気にしていること その2
さて、ではその2です

その1ではプレイングの話をするといっておいて、いきなり構築の話をしてしまいました
ということで、今回はプレイングについて書こうと思います
重要なことなので、毎回何度でも言いますが、あくまで個人的な考えですので、参考にしていただける方だけに参考にしてもらえばいいかなー?って程度のものなんですけどねー

カウンターを使うと言うこと
さて、今回はカウンターについて考えてみたいと思います
ヴァイスシュヴァルツにおいて、特例を除けば相手ターンに出来るほぼ唯一のプレイ、それがカウンターです
倒されるはずだったキャラクターを生き残らせ、ダイレクトゾーンを作りソウルダメージを増やすことが出来る凄いやつです

しかし、デッキ構築にあたり50枚の中に何枚入れられるか分からないカウンターを打つタイミングは何時なのか?
ぶっちゃけ、タイミング次第としか言いようのないものなのですが、自分なりに考えている事があります

その2:次のターンに倒せる相手にはカウンターはうたない

次のターンに相手を倒すカードを手札に抱えているなら、自分は無理にカウンターを打たないように心がけています

何故か?

まず、相手ターンに唯一出来る事とはいえカウンターを打ったところで自分のダメージが減ることはありません
次に、出た時だけパワーが出るカードを除き、相手を割ることが出来るカードを新たに場に出した方が強いので、守るならばそちらのカードを守りたいからです
カウンターを手札に2~3枚握るプレイングを何時も何時も出来るわけではないので、守るべきカードは考えなくてはなりません

ただし、ここからが上記でもあった「タイミング次第」にあたるのですが、相手のクライマックスが沢山見えているならばダイレクトゾーンで大打点を叩き込みたい、シナジーのためにキャラクターを場に残したいなどの理由があればカウンターを打ってもいいかなー?と思っています
あと、勿論なのですが次のターンにそのカードを倒せないのならカウンターで倒すのはかなりのアドバンテージになるので、その場合は打つべきなのかな?と思ってもいます

特に自分はクライマックスシナジーを1試合に2~3回使うので、ダイレクトゾーンを作って打点が伸びすぎからのキャンセルなんて事も多いためにこんな風に考えるに至ったので、全ての状況にこの考え方が当てはまるとは思っていません
何度も何度も言いますが、これはあくまで個人的な考えなので「こんな考え方の人もいるんだな~」と思いながら見て頂けると幸いです


 
ヴァイスをプレイするにあたり私が気にしていること その1
こんばんわ、名古屋まで1週間を切って皆さん最終調整はお済でしょうか?
これからしばらく、私個人が独断と偏見でこう思っているというプレイングやらをいくつか紹介したいと思います
なんの役に立つかは知りませんが、誰か一人にでも参考になればと思って

まず、デッキの作成にあたって
リライトやらDCやら1レベルからの2レベルチェンジが強いタイトルが増えていますので、1レベルでは少なくともパワーが10000以上出せるようにしたいところです。扉トリガーや集中が当たらない限り、このゲームは1ターンに手札が2枚しか増えません。ですので、3面を割り続けると基本相手の手札は減ります。カウンターを打たれても、相手の手札は減るのでパワーが500でも越えればフロントアタックが良いでしょう。毎ターン3面倒し続けると、回収シナジーでない限りクライマックスを打つ余裕がなくなる筈ですので、基本的にソウル1しか出ない1レベルが長引き、1レベルリフレッシュを狙いやすくなります。この理屈で言うと、やはりリライトの千早は強いです。ソウルが高くシナジーは打っただけ強いわけですし、相手に割られなければそのまま手札が増えるわけですから、1ダメージを喰らうだけの価値は十分にありますよね。
と言う事で
その1:相手を割れるパワーが出せる構築を心がけるです
安く、パワーが出しやすいカードを採用し相手にガンガン負荷を与えましょう
ちなみに、今もっちゃんがヴァイスにおけるパワーライン計算を作ってくれているので、それと合わせて参考にしていただければ幸いです。
また、流行のタイトルを調べてどこまでパワーを出せば良いかを考えとくことも有効な手段ですので、公式のデッキレシピや大会の参加タイトル別人数なんかも気にしておくと良いでしょう。

とは言え悲しいことにタイトルによっては1レベルで10000を越えるパワーを出す事が出来ないものもあります。
では、そのデッキでは勝てないか?
応えはNOです。
ヴァイスシュバルツはソウルダメージを与えて勝つゲームですので、相手を1回でも倒せなければ即負けなんてことは無く、自分の一番強いレベル帯で戦えば問題はないですので、この考え方はあくまで個人的な物だとご理解ください。
しかし、チェンジなどはおいておいても相手が2レベル先上がりして1レベルで触れない構築だと苦労する事になりますので、出来るだけパワーは出せるにこしたことは無いと思います。

こんな感じで少しづつ個人的な意見を上げていこうと思います。


 
ショップに行ってきたよ
さて、久々にショップ大会に出てきました8×4-3ですこんばんは
もう二日前の事になるのですが、この日は昼の2時頃からヴァイス三昧してきました!
沢山試合やったんでフリープレイの結果はあんまり覚えていませんが、負けた試合は覚えているので反省出来る所は反省していきたいと思います
ほんでショップ大会なのですが、今回はなんと参加者20人いっぱい!
大会が近いからなのか、ヴァイス熱が盛り上がってきたのか、兎に角嬉しいばかりです

1戦目 とある(レールガンSのみ構築) ○
2~3ターンで手札と控えにクライマックス6枚見えるも、Sのみの構築では「素直で前向き春香」のパワーを越える事が出来ずに1レベルで手札と盤面アドバンテージを稼ぎ、相手の綺麗な山札とストックを「いつもの光景」で崩して打点押し込んで勝利。山札がスカスカな時に相手がクライマックスを握ってなかったので助かりました。

2戦目 アイマス(秋月寄り道型) ○
マリガンの時点でクライマックスが手札に3枚、控えに2枚、先攻で貴音+伊織で4500出すも、涼+律子+真の完璧セットにキャントリまで使われ割られる、手札の相打ちが腐ったため返しはダイレクト1パン、流石に負けたかなー?と思っていましたが、相手が返しにトリガー乗って0-6、3ターン目で1レベルに、そのタイミングで引いてきた「素直で前向き」2枚を展開し手札が切れないようシナジーを打つと相手がキャンセルせずに一気に1-4まで。盤面に3枚しかカードがないため流石に割られるかとおもいきや、よほど手札が酷いのか、律子レストでトップ確認し「素直で前向き」が生き残ることがほぼ確定、7500の涼も出てこなかったため、返しのターンもシナジー打って手札とストックを整える。そのアタックも1キャンセルされたのみで相手2-4、流石に相手の様子がおかしいことに気付く。試合後に聞いた話では相手もクライマックと寄り道しか手札になかったそうで、クライマックス打って手札を稼ぐ自分と、クライマックスを1コストで手札交換するしかない相手とでは差が開くのは仕方のないこと。お互い8戻りするも圧縮と打点、手札の質の差でそのまま勝利。まだ他の方々はレベル1だったため2回戦目を2レベルまで出来ました(汗

3戦目 なのは ○
相手が2ターン目でクライマックスが5枚見えてた、シナジー打って勝った。
盤面も踏まれることなく順当に勝利。

この日の試合は手ひどい事故に遭いましたが、それ以上に相手の事故に「素直で前向き」が刺さりまくりました(汗
20人もいたのに時間の関係なのか3試合で終了。
と言うことで更にフリープレイを続ける事に。

さて、それではその中でも一番酷い負け方をした試合を振り返りたいと思います。
クライマックス引いたとか、キャンセルしなかったとかではなく、純粋にプレイミスで負けた試合なので皆さんはこんな試合しないように気を付けて下さい。
対とある ×
じゃんけん負けて後攻、最初の手札が3レベ律子、貴音×2、伊織×1、素直で前向き×1で律子マリガンしてドローはIwant、手札的にはかなり質が高い
1ターン目:相手先攻で移動黒子1パン、後攻ドローで3枚目の貴音と2枚目の伊織を引いてきたため全展開、黒子を倒し、相手の2キャンセルで丁度4止め。
2ターン目:相手の相打ちで1枚倒されるも、ドローで2枚目の素直で前向きとあずさを引き、そのまま残った貴音でダイレクト2パン、相手1キャンセルして1-0に
3ターン目:相手1.1.7000アンコール2枚と1.0.5000展開で3パン、後列なし。後列が居ないため素直で前向きが6500までしかパワーが出ずに、シナジー打っても中央の5000だけしか倒せず他はサイド、この打点も通って相手2レベルに
4ターン目:相手一方通行へチェンジし3面割られる、返しにみんどる+高木+あずさ+扉で13000出して一方通行と次ステ春香で2面返し、打点も2回通り相手2-6、相手1枚アンコール
5ターン目:相手が再度一方通行チェンジで3面割られ自分も2レベルに、手札が減りはじめるも響+BKで次ステ回収と2度目の一方通行を倒すが、相手のキャンセルが強くダメージ通らず
6ターン目:ここらへんちょっとあいまいですが、確か一つ屋根の下がチェンジで出てきて盤面割られて、リフペナ込みの2-6になった筈、そしてここで一番の失敗を犯しました、手札が4枚しかないのにも関わらずクロックツードローをせずに控え室に落ちてもいない3レベル律子へのチェンジをするために集中を2発、律子は落ちたものの手札は1枚、ダメージ2-5もアタックでクライマックスを2枚噛む
7ターン目:返しに一方通行2枚と一つ屋根の下で9点通ってゲームセット

一番駄目なパターンの負け方でした、何故あのタイミングでチェンジしようと思ったのか今でも謎です
あとは、ストックが10枚近く溜まっていたのですが、OFFタイム真が引きも回収も出来なかったためコストをアドバンテージに返還できなかったのも痛かったです
相手が事故っていたのにそれにつけこめずに負けるなど笑止千万、今後は気をつけなければいけないと思いました


 
久しぶりにヴァイスをした俺はしぶしぶブログを書くことになった
別にしぶしぶ書いたわけではないのですが、題名はオマージュとかいうやつですね
久々に朝の更新の8×4-3です、おはようございます( ノ゚Д゚)オハヨウ

つーこって、昨日は久々にヴァイスをやってきましたワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ
ショップ大会があったわけではないのですが、夕方の用事まで時間つぶしにショップに行ったらヴァイスをやっている方々が、早速対戦を申し込んできました!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

しかし、残念な事に試合の内容を覚えていない!回数すると試合内容をふと忘れてしまうのですが、毎回試合内容を詳細にブログに上げている人は凄いですね(; ・`д・´)
取り敢えずアイマス、ラブライブ、シンフォギアと音楽3デッキを回してきました、初戦のアイマスで負けてしまったので幸先悪い感じでしたが、その後は4連勝と久々の試合としては悪くなかったです
今日は夕方からショップ大会もあるので、何か印象に残る試合を上げれるとよいなーと思います


 
WGP東京の結果を見て
さて、吉報(?)から一夜明けて更にヴァイスがやりたくて仕方がなくなっている8×4-3です、こんばんわ
既に見た方は知っているとは思いますが、東京予選を抜けたデッキは「アイマス」「リライト」「なのは」と下馬評を覆すものばかりでしたね。
後は、抜けることは出来ませんでしたが、やはり出てきた「とある」、無難に強い「AB」、1ブースターで考えればほぼ最強の「ビビッドレッド」、そしてまさかの「宇宙かけ」。

ここまで荒れると正直何が強いのかも分からなくなりそうですが、一つだけ分かっていることは、これらのデッキを使用していた人達は間違いなく「強い」ということです。
この「強い」は「上手い」と言い換えても良いでしょう。
事故にもめげず、勝つために準備したデッキを勝てるように回した結果が、地区予選突破なのだと思います。

集中の入ってないデッキが残っているのは少し釈然とはしませんが・・・

兎にも角にも、地区予選を勝ち抜くなんて本当に凄いです。
他の地区予選を抜けた方も、所謂Aランクだの言われるタイトルを使用したりしていますが、そんなの関係なく凄いです。
運に大きく左右されるこのゲームで負けずに勝ち続けることの難しさは、ヴァイスをやったことのある人なら誰もが分かると思いますが、その頂点にいる方々だと思うと素直に尊敬してしまいます。

大会の結果を見ると、いつか自分もそこに辿り着きたいと決意を新たにさせられますね
名古屋には「勝つ」という強い意志を持って戦いに挑もうと思います
なんだかよく分からない文章になってしまいましたが、まぁ今日はこんなところで


 
東京Aブロック1位おめでとうアイマス!
嬉しすぎて本日2回目の更新です!
東京、アイマス抜けましたね!しかも素直で前向き型!
嬉しいなぁ~、最近はヴァイスの格付けでCランクとの評価を下されていたので「なんのこっちゃ」と思っていたのですが、やはりアイマス強い!
自分も名古屋で大暴れしてやるぜ~!今回こそは決勝に、いやさ優勝だっ!

つーこって、ではでは


 
書くことに困った俺はヴァイスじゃない記事を書くことになった
こんばんわ、家で一人回しをしているとデッキの出来ることと出来ないことが見えてきますね
ええ、寂しくなんてないです、ええ・・・・。゚(゚´ω`゚)゚。
どうも8×4-3です

本当に書くことがないのでどーでも良い事を書きます。
私はアイマス好きとして11月12日から始まったローソンキャンペーンのアイマス景品付きメッツを大量購入してきました!友人の協力もあって全種類そろえることが出来たのですが、ローソンには他にもガチャで販売されたキーホルダーのローソン限定バージョンがあったので挑戦してきました・・・

が、これがなんと並び順が決まっておりまして、あけたばかりの箱だと確定で好きな物を引くことが出来ます(汗
まぁ、自分でも見つけることが出来る簡単な並び順なので特に書きませんが、知りたい人がいたらコメントでも下さいな
店側が混ぜてたら無効ですし、2箱でしか試していないので保障はしませんが、無造作に引くよりはましかなー程度に思って頂ければよいかと・・・

ほんで今日CDとコミックを買いにアニメイトにいったら、アイドルマスターシンデレラガールズの一番くじがあったのでやってきました!2回引いてG賞が2個・・・・これは諦めが付かないp(´⌒`q)
と言う事で、帰り道によったゲーム屋さんにてアイドルオタク にこのSRが1240円で売っていたので、買ったついでに1回引いたら、なんとA賞のはっぴを引き当てることに成功!

つーこって、名古屋WGPの会場にはこのはっぴを着て行こうと思います!
いや、まじでシンデレラガールズもヴァイスにこないかなー?アイマスと組めなくても良い、いやさ、寧ろ組めない方が楽しいのかな?

まぁ、会場でお会いしたらよろしくお願いします!:*+.\(( °ω° ))/.:+


 
最近ヴァイスが出来ていないなぁ・・・
と言うことで、3日に1回くらい更新しなきゃと頑張る8×4-3ですこんばんは。
審判試験から始まった毎週末のイベント尽くしも、一昨日のフルマラソンで終わりを告げて名古屋WGPまではのんびり出来る予定なのでガンガンヴァイスやってカンを取り戻したいものです

しかし、本当にヴァイスが出来ていないので更新することがないっ
日曜は大会もあったのですが、フルマラソン走った後に大会まで行く気力もなく、家で1人回しを数回してただけなんですよねー(´・ω・`)ショボーン

そして自分で更新することがない代わりに、面白い記事を上げている方がいらっしゃったのでそちらの御案内をば
EF81のヴァイスブログさんです。
前も上げたんですけど、こちらのブログはヴァイスの「気になって調べてみたいけど面倒だなぁ」と思う部分を沢山検証して下さっているのでほんとおすすめです。あと、感覚ではなく数字で検証しているところも良いです。
つーか、自分はもうただのファンですねヾ(*´∀`*)ノコウシンタノシミニシテマス

まぁ、そろそろもっちゃんも書いてくれるようですし、試合回数も増えれば書く事も増えるでしょう
つーこって今日はこんなもんで、あぁヴァイスしてぇなぁ(ヽ´ω`)


 
そろそろWGP名古屋も近づいてまいりまして
こんばんわ、前回の更新が中途半端に終わった8×4-3です
更新中に呼び出しなんてのはよくある話で、前回の話としてはヴァイスのショップ大会を開きたかった自分としてはレベル1だったことがショックだったなーという事が言いたかったわけですよ(´;ω;`)

そして、かじっている程度のVSがレベル2審判合格とはこれいかに・・・いやさ、問題は簡単だったけれどもヽ(´Д`;)ノアゥア...

と前回の補足はこの程度で、名古屋WGPに出られる方々はそろそろデッキの選択をされたころでしょうか?最新タイトルが出てから1週間も過ぎ、そろそろ形も整って来たのではないでしょうか?
まぁ、「素直で前向き」を使って勝ち抜くことを決めている自分にとっては、「どう対応するか?」だけが焦点になっているのであまり大きなデッキの変更と言うことはないのですが、故に周りの使用デッキには敏感にいかねばなりません。
如何に安く、如何に効率よく相手を屠れるかが勝負の鍵ですからねっ!(/ω・\)チラッ

と言うことで、一昨日になりますがショップ大会に赴いてきました。
一緒の会場で審判試験を受けた子が居たので結果を聞くと「レベル2」受かったとの事で
・・・・あれ?出来が悪いって言ってたのに・・・?
どうも私の周りにいるヴァイスの審判の方々はよく言えば謙虚で、悪く言うと本当のことを言わないようです・・・もう誰も信じないんだからねっ!うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ

まぁ、そんなことで凹んでいてもしょうがないので気を取り直して大会です・・・・が

ここのショップ大会には魔物でも住んでいるのでしょうか、毎度の1回戦負けです。
もっちゃんは、負けた試合にはなにかしらの理由があり、「クライマックス引いた、トリガーしたから負けた」なんて言ってたら上手くならないと豪語するのですが、8戻りのリフ後2ターンでキャンセル0でクライマックス1枚引いてアタックで4回トリガーしたら、それは勝てません。その間相手の6キャンセルで2-0と3-5。

まぁ、私自身は「ヴァイスの3割はどう足掻いても勝てない試合がある」と考えているので、それにあたったのだなー程度にしか考えていないのですが、もっちゃんの言うことも分からんでもないので駄目だった所は反省しようとは思います。それでも勝てん試合は勝てんのだがなっ。

その後は逆に「ヴァイスの3割は何をしても勝てる試合がある」と言わんばかりにガン回りの果てに2勝。らき☆すたと初音ミクでしたが1レベルで稼いだアドとキャンセルが強かったです。つーか寧ろ勝った試合こそ反省の要素が多いと思うのは心に余裕があるからでしょうか?集中の使い方など、細かい動きのミスが気になるので、そこは適宜訂正したいところです。

結果2勝1敗でしたが、オポ計算の結果4位。
3位までに入るとその店舗で利用できるポイントがゲット出来るので、なんとか勝ち残りたいのですがなかなか勝たせて貰えません。ここの大会は4度目なのですが、まだ優勝も出来ていないので、そろそろ勝ちたい所です。

そして、密かに期待していたゼロ魔とも一戦してきたのですが、経験の3レベル早出しは確かに強かったです。
が、あまりにもキャンセル運に差がありすぎてなんとも・・・自分のデッキとしては1レベルが全て0コスト相打ちに持って行かれてしまう所は注意しなくてはならないとは思いましたが、レールガン集中に比べればダイレクトゾーンを空けてくれるだけましなので、手札だけ切らさないよう気を付けたいと思います。
若しくは、レールガンにも来たことですし、アイマスにも1.1.7000アンコールを出して欲しい物です。

武士さん、アイマスの追加まだですかっ!映画待ちなんですよね?!モバマスでもミリマスでもエクストラでも良いんで期待してますよっ!


クレヨンしんちゃんよりはねっ!


 
審判試験の結果がきた!果たしてその結果は・・・
どうもこんばんわ、先日の日曜日に中川翔子のライブに行った、にわかファンの8×4-3です。
友人夫婦が好きなんで昨年から一緒に行っているのですが、私が一番飛び跳ねてました。足が筋肉痛です(笑)

さて、そんなどーでも良い近況はおいておいて。
遂に来ました、先月受けた審判試験の結果のメールです。

続きを読む



 
最近の武士のブースターに思う事
どうもこんばんわ8×4-3です。
最近少し、いやさ、知らないだけで昔からそうだったのかもしれませんが、ヴァイスのブースターの強弱がはっきりしすぎているのでは?と思う今日この頃です。
まぁ、追加が沢山出ているタイトルが強いのは仕方ないとして、そうではないタイトル間の強弱の差が激しいんじゃないかなー?と思うのですが、皆はどう思っているのでしょうか

まず、顕著に弱いのがガルガンティア。3レベルは十二分に強いのですが、1レベルでパワーが出ない&色のかみ合わせが悪く、武士は何のためにこのタイトルを出したのかが分からないレベルです。

そして今回の偽物語、経験の強化が今の所強そうですが、化物使いの悲願の手札交換は緑の色出しをするか、経験を達成するか、当たるも八卦当たらぬも八卦の集中を使うか、早い内からの事故に対応できていないのでどれも微妙臭が半端ありません。

事故回避のカードはガン回りしている時は必要のない物ですが、そうでない時の苦しい試合にこそ光るものなので、そこが強化されてないとなると偽物がネオスタを抜けるのは難しいかもしれません。カードパワーは上がっているので、戦えないとは全然思っていないのですが、今の環境はカードパワーもシステムカードも高いレベルで安定しているタイトルがあるので、システムが強化されなかった所が偽物の評価の低さでしょうか。

因みに、ネオスタを見て頂ければ分かると思いますが、ガルガンティアで勝ち抜ける人なんてそうそういませんね。何故なら、カードパワーもシステムカードも特徴や色を縛られているために使いづらく他のタイトルに2~3歩後れを取っているからです。

SAOやラブライブは1ブースターで十分な強さを持っています。それでも追加の多いタイトルと比べれば足りない部分は多いですが、そこは他の強みを活かして戦うことで十分カバーできるレベルなので気にする必要はないでしょう。

私はレギュレーションがタイトルで分かれているのがこのゲームの良さだと思っているので、弱すぎるタイトルというものが正直許せません。(主にガルガンティア)
タイトルの特徴がないと右も左も同じデッキなんてことになりかねませんので、そこは是非武士には頑張ってもらいたいのですが、その結果、失敗して犠牲になるタイトルが存在しては本末転倒です。誰も最初から勝てないゲームなんてやりたくないものです。
ヴァイスはトライアルでも勝つ事ができるゲームではありますが、最初からチャンプしか出来ない相手と戦わなくてはならないタイトルを掴んでしまった人がこのゲームを楽しいと思ってもらえるとは正直思えません。
武士さんはそこら辺をもうちょっと考えなくてはいけないのではないでしょうか?

つーことで、武士さんガルガンティアの追加をお願いしますね!アニメ2期やるんですし!
まぁ、特徴と色限定してるんで追加が来ても微妙な気はしますが・・・。

こう、タイトルをディスるような記事を書くと反感を買うような気もせんでもないですが、ガルガンティアは好きなタイトルですし、偽物は化物がもっちゃんが初めて触ったタイトルでもあるので、その二つがこのような結果だったことが正直微妙すぎてしょぼーんとなってるんですよね。
まぁ、気に障った方はコメントでもして貰えたらお返事しますので勘弁したってください。
励ましの言葉お待ちしております!(オイ


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。