2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
プロフィール

8×4-3(はっしーさん)

Author:8×4-3(はっしーさん)
8×4-3(はっしーさん):
ヴァイス大好き
取り敢えず毎日1回は試合をしたい
目指すは全国
まずはプレイミスを減らす事から始めたい
使用タイトル:
アイマス・ラブライブ・シンフォギア・まどまぎ・ガルガンティア

もっちゃん:
本人が書くまで正体不明ということで

フリーエリア
当サイトが面白かった、参考になった、「そんな考察絶対おかしいよ!(CV:悠木碧)」と言うことがあったら押して頂けると幸いです。3つめはコメントで突っ込みもお待ちしております♪
ヴァイスシュヴァルツ ブログランキングへ                にほんブログ村 ゲームブログ ヴァイスシュヴァルツへ
にほんブログ村                押して頂けると励みになります!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
ルール処理について その③ 集中②
それでは、ルール処理について集中その②です

今回は集中の種類について説明します。
が、その前に前回の更新で上げてなかった総合ルールに書かれている集中の下りを記載しておきます。

10.7. 集中
10.7.1. 集中とは、効果の中で「自分の山札を一番上から指定枚数をめくり、その後それらのカードを自分の控え室に置き、それらのカードの内容を参照する」という行動の実行を伴う一連のイベントまたは能力を示すキーワードです。この語自身は能力ではなく、効果上の意味はありません。
10.7.3. キーワード『集中』を持つカードの効果であなたの山札からカードを控え室に移動する場合、一度指定された枚数のカードを解決領域に移動した後、そのすべてのカードを同時に控え室に移動します。

文章だけ出されても分かり辛いと思ったので前回記載しなかったのですが、ある程度理解した方にはこの文章でも伝わると思います。
・・・おや、何かがおかしいですが気にしないでおきましょう。

上記にあるように、集中にはイベント集中と能力集中があります。
イベント集中が有名なタイトルといえばABとゼロ魔ですかね?オペレーション・トルネード人質救出作戦は文句のつけようのない良カードですね。
しかし、残念なことにイベント集中は各タイトルに散らばっており把握しきれていないのでここでは「あるよ」くらいで済ませたいと思います。
気が向いて調べればこちらで紹介するかもしれませんが、今回は能力集中の方の説明をします。

さて、では集中の種類と処理方法の違いについて説明します。
まず、手札が増える能力集中には
【起】 集中 [(1) このカードを【レスト】する]
のようにそのカード、ないしは他のカードを【レスト】する事が求められます。サーチ系の集中はカード2枚の【レスト】を要求されるので、回収やドローよりもコストが高いことが分かりますね。
では何故【レスト】を要求されるのか?此処からは主観になりますが、あまり容易に手札が増えてしまうとゲームバランスが崩れてしまうので連続で使用できないようにデザインされているのではないかと思います。

そして、手札入れ替え、ソウルバンプ、パワーバンプの集中には
【起】 集中 [(1)]
とコストだけが必要となりますので、連続で使用することが出来ます。(ただし全体パワーバンプには【レスト】を必要とするものもあります)
そのまんまですが私はこれを「連続集中」と呼んでいます。
手札は増えませんが、こちらの集中はこの能力を持つカード1枚で山札を大量に削ることが出来るので、より事故回避に向いています。

基本的に回収、ドロー、クロック回収の集中の効果処理は、前回の更新で上げたタイミングが一番のネックなので割愛します。
各特長を挙げるのならば、回収は控え室からキャラクターを回収し、ドローは山札からカードを引き、クロック回収はクロックから任意のカードを回収します
回収はキャラクターの縛りはありますが、カードの多い控え室からなら必要なキャラクターを選んで手札に加えることが出来ます。
ドローは何が増えるかを決めることは出来ませんが、山札を削り、イベントやクライマックスを手札に加える可能性があります。
クロック回収は、最大6枚しかないクロックからと範囲は狭いですが、キャラクター、イベント、クライマックスを任意で回収し、さらに山札を削ります。

さて、そしてサーチ系の集中ですね。何故、サーチ系の紹介を最後にしたのには理由があります。
何故ならサーチ系の集中には効果処理の違うカードが存在しているからです。

“僕らのLIVE 君とのLIFE”園田 海未
“僕らのLIVE 君とのLIFE”園田 海未
【起】 集中 [(1) あなたのキャラを2枚【レスト】する] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の山札を見て《音楽》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

見守るほむら
見守るほむら
【起】 集中 [(1) あなたのキャラを2枚【レスト】する] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の山札を見て《魔法》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。

さて、一見文章に見えますが①方式を使って見比べてみましょう。

“僕らのLIVE 君とのLIFE”園田 海未
【起】 集中 [(1) あなたのキャラを2枚【レスト】する]
① あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。
②それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の山札を見て《音楽》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。


見守るほむら
集中 [(1) あなたのキャラを2枚【レスト】する]
① あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。
②それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の山札を見て《魔法》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。
③その山札をシャッフルする。

さて、お分かりいただけたでしょうか。
そうです、海未の起動能力は2つのステップしかないのに比べ、ほむらは3つのステップを持っているのです。
これが意味する事は、海未は①でクライマックスがめくれなかった場合山札のシャッフルを必要としないのに対し、ほむらは①でクライマックスがめくれなくとも③の効果で山札のシャッフルを必要とすると言う事です。
こちらはラブライブからの変更で、サーチ系の集中では最新のデビルサバイバー2も海未同様の処理となっていることからカードデザインが変更されたと見るのが妥当でしょう。
山札のシャッフルには時間がかかることから考えても、この変更は良い傾向だとは思うのですが、公式が変更について何も広報していないため実はあまり処理が変わったことが伝わってない現状だったりします。
サポートセンターに問い合わせたところ、この質問は多く寄せられているらしいので、そろそろ海未のQ&Aくらいには記載した方が良いと思うのですが・・・今度サポートに電話した時にでも進言しておくことにしましょう。

と言う事で、サーチで手札の増える集中は表記により効果処理が違いますのでお気をつけ下さい。
そして気をつけなくてはならないのがもうひとつ、サーチ系手札交換の集中です。

“パッションピンク”初春
“パッションピンク”初春
【起】 集中 [(1)]
①あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。
②あなたは自分の山札を見て《超能力》のキャラをX枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。
③あなたは自分の手札をX枚選び、控え室に置く。(Xはそれらのカードのクライマックスの枚数に等しい。)

このように「X枚まで選んで」の表記があるカードは、クライマックスが1枚もめくれなくても山札を見てシャッフルする必要があります。
ヴァイスシュヴァルツは「X枚」の表記がある時は「0枚」もその中に含むので、キャラを0枚まで選んで山札をシャッフルという処理が発生するんですね。
この効果に関しては、上手に説明する方法が思いつかないので申し訳ないのですが、「クライマックスが1枚もめくれなくても山札を見てシャッフルする」という事を覚えておいて頂けると幸いです。
あと、この集中は山札の中に《特徴》のカードがなかった場合、②で0枚まで選んで手札に加えている、とみなされ③でクライマックスがめくれたX枚分手札を控え室に置かなければいけないので、特徴が統一されていないタイトルで使うと手札が減る危険性があるのでお気をつけ下さい。

今回はサーチ系の集中の効果処理を中心にお話させてもらいましたが、サーチ系の能力はシャッフルが付いて回るので処理が複雑になりがちです。
古くからやっているプレイヤーの方でも新しい集中の効果処理を知らなかったりと、なにかと問題がおきやすい効果処理が多いのでこれを期に興味を持っていただけると幸いです。
さて、では今日はこの辺りで終わりにしようと思います。
重ね重ねになりますが、間違いなどありましたらコメントいただけるとありがたいです。疑問などもどんどんお寄せください!
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。