2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
プロフィール

8×4-3(はっしーさん)

Author:8×4-3(はっしーさん)
8×4-3(はっしーさん):
ヴァイス大好き
取り敢えず毎日1回は試合をしたい
目指すは全国
まずはプレイミスを減らす事から始めたい
使用タイトル:
アイマス・ラブライブ・シンフォギア・まどまぎ・ガルガンティア

もっちゃん:
本人が書くまで正体不明ということで

フリーエリア
当サイトが面白かった、参考になった、「そんな考察絶対おかしいよ!(CV:悠木碧)」と言うことがあったら押して頂けると幸いです。3つめはコメントで突っ込みもお待ちしております♪
ヴァイスシュヴァルツ ブログランキングへ                にほんブログ村 ゲームブログ ヴァイスシュヴァルツへ
にほんブログ村                押して頂けると励みになります!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
ヴァイスシュヴァルツ転換期?
さて、最近の今日のカードを見分するに、ヴァイスシュヴァルツは一つの転換期を迎えたのだと思うようになりました
それは言うなれば、1レベル1コストのカードがトリガー付でパワー6000からトリガー無しのパワー7000に変わった時のような大がかりな変更に匹敵するのではないでしょうか?

勿論言うまでもなく、そのトリガーとなるタイトルは「艦これ」です

現時点で、2レベルのオーバースぺックが特別な条件(例:園田海未)を除き9000から9500に変更するようですし、今日(昨日)のカードは今までのヴァイスのコスト計算を軽く超越しています

伊8 前

伊8 後

現有手札のカードをコスト化した時の計算などは、もっちゃんの分野なので私なんかでは解説もままならないのですが
そんな私ですら、このカードのコスト計算がおかしい事くらいは分かります
つまりは、それくらいに分かりやすく強いカードであると言うことです

まず、基本の基本なのですが通常全てのキャラカードには舞台から控え室に置かれた時に③コストでアンコールすることができます。これは0コストのカードで行うほどにコスト比が重くなり、②コストで登場したキャラクターであれば、その差①コストで手札を消費せずにアタック回数を増やすことが出来ます。
特に2レベル9000バニラの様な登場時に効果のないカードであれば、その効果は絶大です。(なにせ、その追加につかった1コストは自身のアタックで稼いでくれるわけですから)
勿論、盤面を制圧してアンコールにコストを使わないことが一番理想的ではあるのですが、ソウルの高いキャラクターを残すという意味では③コストアンコールは非常に有意義ですので、特に初心者の方には覚えて置いて欲しいポイントの一つです。

さて、話しがそれましたが、今回このカード(チェンジ前)は、手札入替(サーチ)能力とチェンジ能力を持っています
まず上記の能力ですが、先日発売したトライアル・キルラキルにもほぼ同様のカードがありますし、割と良くある能力なので割愛します

問題は下の能力です、前述でも触れましたが基本的にカードのアンコールには③コストかかるわけですが、このカードは②コストを払うだけで、コストとレベルが1つづつ上がったカードになって舞台に戻ることが出来ます
条件はこのカードのチェンジ先が控え室に落ちていることですが、この条件は自身の能力も相まってほぼ失敗することはないでしょう
正直この能力なら手札から登場か、手札を一枚消費する必要があるのではないかと思うのですが、そのような記載は一切なく単純に②コストアンコールで強力なキャラになって戻ってくるわけです

因みに、控え室回収(手札を一枚増やす)能力は単純に②コストかかることを考えると、このチェンジで使用するコストはやられたキャラクターのアンコール分どころか登場時の①コストすらも踏み倒しているので凄いことになります

対応策としてはカウンターで落としてチェンジを諦めさせる事ですが、先上がりからダイレクトゾーンを殴られたり、サイドアタックされたら次のターンは2レベルが出て来ることを覚悟しなくてはならないでしょう

今までこのような強力なチェンジは特殊条件下でのみ可能だったのですが、今回は「控え室に置かれた時」という非常に軽い条件なのでこのカードは強力です(その条件が逆に強くなるタイミングもあるでしょうし)

が、話しはすこし変わりますがその特殊条件下でコスト計算をがん無視して強力なカードを展開するタイトルがあるのでそちらも少し紹介しておきましょう
元祖コスト計算がん無視タイトル「ファントム」です
今日はその中でも特に注意の必要なカードを少し

まずこちら
クロウディア

ツヴァイ

上の0レベルのカードをクロックに置くことで、クロックの“ファントムを継ぎし者”ツヴァイを場に出すことが出来ます
因みにこのチェンジ先はカムバックで強化され、現在猛威を振りまいています

しかも、後列にこのカードがいると、なんと1レベルから①コストで回復までし始める始末
サイスマスター

この能力は最終アタッカーのチェンジ能力とも噛み合わせが良いので、一度戦って見ることをお薦めします
本気で鬼畜なパワーとソウルに驚愕する事になるでしょう

とまれ、凶タイトルを紹介して自分を落ち着かせようと必死ですが、「艦これ」が今までにない強タイトルで成り得ることに疑いはなく
加えてそうなった所で自分がやることは変わらないので、注意深く研究して対応していこうと思います!

と言うか、転換期が過ぎた後にアイマスの追加が来るので、寧ろアイマスへの期待が高まるくらいにポジティブに行きたいと思います!
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

アイマスの新弾でカードプールも増えて戦略の幅が広がりますね‼︎確かに艦コレ、スペックの高いカード目立ちますね‥、でもそれに負けず劣らずのアイマスのカードも出るんだろうな‥脅威です。^_^


Re: タイトルなし
コメントあざっす!
何時も何時も大会では早い段階で当たるので、今度はゆっくり決勝でやりましょう
アイマスはまだまだ強くなりますよー!
しかし、私としましてもジュネスは苦手です・・・・(笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。